FC2ブログ

秋田竿燈まつりの旅その5 62杯目・秋田 末廣ラーメン本舗 チャーシュー麺(並)910円

イメージ 1

今日はチャーシュー麺。ねぎはトリホ。

※先週土曜日に予約投稿が上手くいかず誤って書きかけでアップした記事の完成版です。


さて、いよいよこの旅のメイン、竿燈まつり

イメージ 2

会場に向かう竿燈の行列が

折角なんでじっくり見ちゃお

イメージ 3

イメージ 4

本物のろうそくなんだ。てっきり電気だと思ってた。これじゃ揺れたら燃えちゃうじゃん、と思ったら後ほど実際に提灯が燃える場面にも遭遇することに。

イメージ 8


のんびりと構えていたら
あ、

イメージ 5

既にいっぱい。席は予約済なので心配ないのですがひとでいっぱいなのでそこに着くのが一苦労。それに指定の場所がわからず、ひとに席番号を聞きながらあっちへ行っては聞き、こっちへ来ては聞き。やっと到着。おかげでお酒買えなかった(泣)

と、

イメージ 6

演者はもうスタンバイ済。

すると、

イメージ 7

若い女性の太鼓が鳴り響く。
竿燈まつりは女性が演奏し、竿燈を操るのは子どもも大人も男性。
竿燈まつりって少なくとも1789年の文献には「ねぶり流し」として紹介されている歴史ある伝統行事。

イメージ 9

イメージ 10

竿燈が立ち上がり、見事な技を見せる男たち。
男の子も小さめな竿燈をおとなの真似してあげている。難しい技が出来ると自慢げ。それを今度は俺だと交代を申し出る他の子達。そんな様子を見守る男性。過度に手を出さず、子どもたちに任せ、ちょっとやりすぎかなとか危ない時に手を差し伸べる。

そんな様子を見守るように、それでいて激しく鳴り響く女性が叩く太鼓と高い音色の横笛。


イメージ 11

竿燈は手元の棒を足し、どんどん伸び、

しまいには、

イメージ 12

上から降ってきそう。実際、降ってきましたけど(笑)

イメージ 15

竿燈まつりって竿燈の迫力や男性の技が注目されがちですが、実際に見に行ってわかったのは高く上がる竿燈の下に昔からの日本の農村共同体が。男性、女性が自分たちの役割を果たし、こどもそれを見て自分たちもと。そんな様子をおとなたちが優しく見守りながらも、過保護にならず。なんかいいな。

いやあ、いいお祭り。ホントの良さは来ないとわからなかった。


イメージ 13

あれ!?


イメージ 14

イメージ 17

イメージ 16


イメージ 1

来ちゃった(笑)
部屋がシングルだったのでひとりでラーメン食べに来ちゃった。東京の支店では食べたことあったんですが、いけちゃんのブログ見て秋田のお店でも食べたかった末廣ラーメン本舗。それにここ24時間営業なんでこんな早朝でもしっかり営業中。

あ、続きやんないと(笑)

イメージ 18

イメージ 19

京都の新福菜館で修行された先代が東北人の口に合うように改良したラーメン。いまでもタレは京都の本店から届くんだとか。あ、東京の新福菜館はどうなんだろ。人形町のお店は既に閉店してましたが(^^;

イメージ 20

いけちゃん、ごめんなさい。これじゃあチャーシュー数えられないですね(笑)
卓上にあるトリ放題の葱もいっぱいに。

スープは、

イメージ 21

熱々で葱との相性が抜群。
そうそう、このスープだよね。

それでは

イメージ 22

コシのあるストレート麺。
早稲田の支店より断然旨い。ここも支店だけど(笑)

早起きしてカミサンに黙って来た櫂があったってもんだ(笑)

イメージ 23

末廣ラーメン本舗 秋田駅前分店
秋田県秋田市中通4-15-1
018-825-1118
24時間営業年中無休
http://www.fukumaru.info/suehiro/index.html

秋田駅前をホテルに向かって歩いていると、

イメージ 24

自転車に乗った男子高校生と女子高生が。こんな時間に(笑)

つづく。

今朝の体重65.4キロ、体脂肪率22.4%。トランプになっちゃいましたね。フィリピンといい英国といい、そして米国までも。
関連記事

スポンサード リンク

コメント

非公開コメント

metabolisan

呑み、食べ大好き。休日は競馬とポケモンGO、街歩き。路麺、チャーシュー麺が多いけど実は糖質制限ダイエット中。最近鉄分高めに、乗り鉄、呑み鉄。録画したキョコロヒーとラヴィット見るのが最近の楽しみ。

当たり前だけど、記事は読み物として脚色してますので真に受けないでね(笑)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
22位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム