FC2ブログ

カミサン連れて台北へその8 鼎元豆漿 地元のひとたちと朝ご飯

イメージ 1

台北でローカル朝ごはん。


さて、台北2日の朝、この日は日中カミサンとは別行動。なので朝ご飯で地雷を踏まなければ日中は平穏なはず。

イメージ 2

イメージ 3

となるとホテルでの朝食が無難。
でもそれだとちょいとつまらない。やっぱりブロガー的には地元の朝食を。

小雨降る中、リスクを犯してお邪魔しました(^^;

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

店内はローカルピーポーで満席。

行列に並んで指差せば買えそうなんだけど、何がなんだかわからない。
そんな中で「わたしは席があいたらとるんで、なんか美味しいもの買ってきて」とカミサン。「美味しいもの」って(ーー;)

すると前に並んでいた大学生風の青年がお店の人にメニューを要求。ラッキーメニューあるんじゃん!オレもオレもとジェスチャーで

イメージ 8

ん!?青年の様子がおかしい。. . .あ、オレの為にもらってくれたのか!?身振りと拙い英語で聞くと、はっきりと言わないけどそうらしい。とびっきりの笑顔で「ありがとう」と伝えると、青年のはにかんだ笑顔。

台湾人、やさしい
はっきりオレの為と伝わっちゃうと、オレが恐縮すると思って、笑顔でごまかす。これって大陸のカノクニのひとには出来んよ。いや、いまどきの日本人だってそこまで相手の気持ち推し量れんもん。いやあ、台湾人ってやさしい。

イメージ 7

好青年の優しい気持ちで朝からいい気分。

オーダーも順調にいき、腹減ってるカミサンの元に。
席に座っているカミサンのとこに行き、はい、

イメージ 9

イメージ 1

イメージ 10

左はカミサンの油條、上もカミサンの豆漿。
油條は小麦粉を練って揚げた中国式の細長い揚げパン、豆漿は所謂豆乳。これ定番の組み合わせ。

ところが

イメージ 11

豆漿に既に油条のってたんだって。んなこと言われても知らんもん(^^;

こっちはわたしの

イメージ 12

蛋餅、右が韮菜包。蛋餅は台湾定番の朝食メニュー。卵入りクレープとか言われてるのかな。韮菜包は読んで時のごとく韮饅頭。

あ、韮菜包は下側。ひっくり返すと、

イメージ 13

ね、包子でしょ。

これを皮を割ると中から、

イメージ 14

イメージ 15

韮がたっぷり。てか、韮が新鮮。もともと韮の香りって強いけど、その強さが嫌じゃない。いや、寧ろこれが旨い。

全体的に塩味が薄いと言われる台湾料理ですが、ここのは全然平気。味覚が台湾に慣れてきたかも!?

イメージ 16

カミサンに聞いたところ、席がなく困っていたら隣の台湾人のおっちゃんが他のひとたちずらして2人分席を作ってくれたんだとか。台湾人、やさしい。

そんな話をしていると隣は日本の男子大学生。休みをとって台湾一周一人旅をしてるんだとか。英語も中国語も話せないけどなんとかやってけてますよと。日本にもこんな子いるんだ。嬉しくなっておごろうと思ったら、ここ前精算でしたね(笑)

イメージ 17

鼎元豆漿
台北市金華街30号之1
02-2351-8527
4:00-11:30
旧正月の4日間休み

つづく。

今朝の体重66.7キロ、体脂肪率23.6%。七夕って何か食べるんでしたっけ!?
関連記事

スポンサード リンク

コメント

非公開コメント

metabolisan

呑み、食べ大好き。休日は競馬とポケモンGO、街歩き。路麺、チャーシュー麺が多いけど実は糖質制限ダイエット中。最近鉄分高めに、乗り鉄、呑み鉄。録画したキョコロヒーとラヴィット見るのが最近の楽しみ。

当たり前だけど、記事は読み物として脚色してますので真に受けないでね(笑)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム